インスタ映えスポットはココ!

全国各地にあるインスタ映えするスポットやお店などを紹介しています。

撮った写真をインスタ映えさせる簡単テクニック!ファッション・食べ物編

インスタ映えする写真を撮ってアップしようと思って、

自分ではいい写真を撮影したつもりなのに、

実際の画像を見てみると、なんかいまいち・・・。

 

なんで同じ場所で撮影してるのに、こんなに感じが違うんだろう?

 

こんなことってありますよね。

 

そこで、簡単にできる撮影のポイントを紹介します。

 

 

インスタ映えする写真の撮り方のポイント

インスタ映えする写真は撮る物によって、少しコツが変わってきます。

アイテム別に説明しますね。

 

ファッション系アイテムの場合

f:id:kounak01:20170625233829j:plain

ファッション系のアイテムを撮影する場合は、

似ているものはきれいに並べて余白をとるようにします。

 

これはまずおさえておくべきポイントです。

 

色や形が似ているアイテムを2つ以上撮影するのなら、

きれいに並べると見栄えがよくなります。

 

並べるときは、余白をとるようにするときれいに見えます。

 

そして、靴や雑貨などの平らなものは真上から撮るとインスタ映えします。

斜め上から撮影しがちですが、おしゃれな感じが薄くなってしまいます。

 

まずは真上から撮影するようにしてみてください。

 

服を撮影する場合は、少しくしゃっとさせるとインスタ映えします。

畳んで撮影すると、まありオシャレに見えなくなります。

 

また、服の場合、コーディネートが分かるように撮影するとよりインスタ映えします。

ファッションの全体像が分かりやすくなるので、写真を見た人もイイねを付けやすくなります。

 

また、背景にも気を使うとより効果的です。

例えば、100円ショップで買ってきたお皿や小物を背景にしたりするのもいいでしょう。

 

他にも、写真の背景を毎回変えてみるようにします。

いつも同じ背景だとフォロワーさんに飽きられてしまいます。

 

ちょっとしたアイテムを足すだけで印象は変わりますよ。

 

食べ物の場合

f:id:kounak01:20170625233940j:plain

次は食べ物を撮影するテクニックです。

 

インスタ映えする写真の定番としては、カフェなどがあります。

こういった写真をうまく撮影するとイイねにつながりますよ。

 

食べ物がオシャレでも適当に撮影するだけではインスタ映えしません。

 

まずおさえておくポイントとしては、光は自然光で撮影しましょう。

蛍光灯などの光よりも、自然光を利用すると写真がナチュラルな感じになります。

 

ただし、逆光には注意しましょう。

逆光になると、料理が陰に隠れてしまうので、よく見えなかったり、美味しそうに見えなかったりします。

 

次に撮影するアングルですが、これも真上からがオススメです。

手で持って食べるようなものは別ですが、プレートやセットメニューなどは、全体が分かるように真上から撮影しましょう。

 

 

また、食べ物でも背景には気をつけるようにします。

お店で撮影する場合は背景に工夫はあまりできませんが、

家で撮影する場合は、背景にクロスや小物などを料理の横に置くなどすると、オシャレに見えます。

 

こういったちょっとした工夫でインスタ映えするかどうか変わります。

 

また、大きさが同じものや形が同じものは並べて撮影するとインスタ映えします。

パフェやカプチーノなどは、グラスを並べて真上から撮ったり、並べてヨコから撮影するとインスタ映えしやすくなります。

 

 

 

広告を非表示にする